Digitakt II RSS

Digitakt II, サポート -

Digitakt II OS 1.02 には、いくつかのパフォーマンスの改善と修正が含まれています。そのうちの 1 つは、+Drive が特定の容量に達したときにサンプルが予測不可能になる問題に対処するものです。詳細については、リリース ノートを参照してください。 Transfer は、新しい Digitakt OS とともに 1.8.10 に更新されました。OS を更新する前に、こちらから Transfer を更新してください。 Digitakt II OS 1.02 をダウンロードはこちらから   OS 1.01A から 1.02 への変更のリスト 改善点 PERSONALIZE メニューに新しいパラメーター NOTE PARAM を追加しました。このパラメーターでは、NOTE パラメーター設定が設定されたスケールに従うかどうかのインタラクション動作を選択できます。ノブを回して半音階の音価を設定し、ノブを押して回して設定されたスケールに従う値のみを選択するか、その逆を行います。 ミキサー ページでは、トラック番号の代わりにページ名が表示されるようになりました。 GRID RECORDING モードでページ ループ機能を使用する場合、マスター再生位置は上段の TRIG キー (TRIG 1-8) の点滅で示され、現在再生中のループ ページは下段の TRIG キー (TRIG 9-16) の点滅で示されます。 サンプリング RECORDER ページのレベル メーターが改善されました。 バグ修正 Transfer を使用してコンピューターから Digitakt II にサンプルを転送すると、予想よりも遅くなる問題を修正致しました。 +Drive がコンテンツでいっぱいになると、デバイスの動作が遅くなり、クラッシュすることがある問題を修正致しました。 一部のデバイスでは、キーを押すとダブルトリガーの問題が発生することが ある問題を修正致しました。 外部入力ゲインが Digitakt I よりも低かった問題を修正致しました。 録音したサンプルの名前を変更すると、ERROR メッセージが表示される 問題を修正致しました。 ピッチベンドの範囲は -128 ~ +127 ではありませんでした。これにより、ピッチベンドを制御するときに望ましくない動作が発生する問題を修正致しました。 古い Digitakt I プロジェクトをインポートすると、サンプルが誤ってマッピングされる問題を修正致しました。 Digitakt I で作成されたプロジェクトをインポートすると、コンプレッサーサイドチェーンソースが正しく変換されない問題を修正致しました。 GLOBAL FX/MIX をオンにした状態で Digitakt I プロジェクトをインポートすると、EXTERNAL MIXER ページでエラーが発生する問題を修正致しました。 LFO の宛先 SAMPLE SLOT は、トラックが...

続きを読む

Digitakt II, Elektron, サポート, 重要なおしらせ -

Digitakt II OS1.01Aアップグレード バグフィックス 一部のユニットでは、右チャンネルでオーディオの問題が発生する可能性がありました。OS1.01Aではこのノイズの問題を修正いたしました。 OS1.01Aのダウンロードはこちらから  

続きを読む

Digitakt II, Elektron, おしらせ, サポート -

OS1.01ではいくつかの改善とバグの修正を行いました。 OS 1.00 から 1.01 への変更点のリスト 改善点 SETUP メニューに VELOCITY TO VOL 設定を追加しました。 GRID RECORDING MODE でシーケンサーが再生およびループするシーケンサー ページを選択できるようになりました。 パターンが同じバンク内にある場合に、パターン チェーンをすばやく実行できるようになりました。 特定の設定をグループ化する PERSONALIZE メニューを追加しました。 シーケンサー ページを追加するときに、配置されたシーケンサー トリガーの自動コピーを無効にする機能を追加しました。 PERSONALIZE メニューに [UP]/[DOWN] キーの機能を決定するオプション (U/D KEY MODE) を追加しました。 キットとトラックのパラメーターを同じビューにマージすることで、SETUP メニュー構造を改善しました。 AUDIO ROUTING メニューに INT TO MAIN パラメーターを追加しました。 AUDIO ROUTING メニューに TO MAIN パラメーターと TO SEND EFFECTS パラメーターを追加しました。 AUDIO ROUTING メニューの PRE/POST FADER パラメータのデフォルト設定が POST に変更されました。 準備されたミュート [TRIG] キーが赤 (ミュートするトラック) とオレンジ (ミュート解除するトラック) になりました。 MIDI トラックの VAL パラメータに名前を付けるときに、選択したパラメータの DATA ENTRY ノブで文字を変更できるようになりました。 現在の曲名が SONG メニューに表示されるようになりました。 現在のパターン名が PATTERN メニューに表示されるようになりました。 プロジェクトの読み込み時に波形ビューがより速く生成されるようになりました。 宛先リストがすでに開いている場合は、[UP]/[DOWN] を使用して LFO DESTINATION 値を変更できるようになりました。 レコーダーの SRC パラメータのステレオ オプションの名前を「L+R」から「L R」に変更しました。 コミュニケーションをより明確にするために、FILL および COND パラメータ画面のグラフィックをマイナー アップデートしました。 [PTN] キーを押したままコピー/貼り付け/クリア操作を実行した後、[PTN] キーを放すとポップアップが表示されなくなりました。...

続きを読む