サポート RSS

Analog Heat+FX, Elektron, OS Upgrade, おしらせ, サポート -

Analog Heat +FX 用のこの新しい OS でランダム性が強化されました。 1.01 はいくつかの新機能をもたらします。そのうちのいくつかは、幸せな偶然の力をあなたの指先で実現します。 パラメーターのランダム化、ランダムな名前の生成、LFO スルー、瞬間的なアクティブを試して、Heat +FX エクスペリエンスを少しスムーズにする一連の改善をお楽しみください。 パラメータのランダム化 左側のフィールドを追跡しながら、ボタンをタッチするだけでパラメータ ページを簡単にランダム化します。 その後、結果を満喫するか、検索を続けるか、ダイヤルバックしてください。 ランダムな名前ジェネレーター 創造力と時間をすべてサウンドに注ぎ込みたいのに、無題のプリセットを見るのが我慢できませんか? 私たちはあなたをサポートします。 マシンに名前付けの役割を引き継がせて、予期せぬ結果に備えましょう。 LFOスルー あるランダムな位置から別のランダムな位置への LFO の移行をスムーズに行います。 回転数を増やすと切り替えに時間をかけて、事態の急激な変化を抑えることができます。 瞬間的にアクティブ Heat +FX をアクティブにするかどうかを切り替えることで、予測不可能性がさらに高まります。 好きなエフェクトを好きなだけ簡単にキャストできます。 追加パラメータ プリセット セットアップ メニューに追加された新しい出力ゲイン パラメータとオーディオ ルーティング メニューに追加された FX to USB パラメータにより、より詳細な出力とオーディオ コントロールが可能になります。 詳しい内容はリリースノートをご参照ください。 OS1.10のダウンロードはこちらから  商品を見る

続きを読む

Analog Heat+FX, Elektron, おしらせ, サポート -

Analog Heat +FX日本語マニュアルを公開しました。ダウンロードはこちらから                                                                                                           商品ページを見る                      

続きを読む

Erica Synths, SYNTRX II, おしらせ, サポート -

SYNTRX II 1.05 firmware update! 1.05はSYNTRX IIメンテナンス アップデートとなります。 1.05 アップデート変更履歴: - 長時間電源を入れた後の一部のユニットでの DSP クラッシュを修正 - SHIFTボタンを押すとLEDが点灯するようになりました - ジョイスティックのパフォーマンスの向上 - マイナーなバグ修正 ファームウェアのアップデートはMIDI SysEx経由で実行されます。 SYNTRX II の電源をオフにし、MIDI インターフェースに接続し、PC または Mac で SysEx ツール (PC の場合は MIDI-OX、Mac の場合は SysEx Librarian など) を開きます。 ここで、REC/CLEAR ボタンと GATE/SEQ ボタンの両方を押したままにして、SYNTRX II の電源をオンにします。 マトリックスにファームウェアのアップデート画面が表示されます。 SysEx ツールを介してファームウェア ファイルを送信すると、マトリックスにファームウェアのアップデートのステータスが表示されます。 通常、アップデートが完了するまでに数分かかります。 完了したら、SYNTRX II を再起動すると新しいファームウェアがインストールされます。 こちらから1.05ファームウェアをダウンロードしてください *アップデート中またはアップデート後に引き続き問題が発生する場合は弊社サポートまでご連絡をお願い致します。         商品を見る

続きを読む

Bassline DB-01, Erica Synths, サポート -

新しいBassline DB-01ファームウェアがリリースされました! このメンテナンスアップデートでは、1つの新しいオプションといくつかのバグ修正が含まれています。 1.10 バージョンの変更履歴: MIDIパターンスイッチ動作設定: MIDIパターンチェンジメッセージを受信した際に、パターンを即座に切り替えるか、パターンの再生が完了してから切り替えるかを設定できるようになりました。 この設定は、二次設定メニューにアクセスするために、SHIFTと+1 OCTを同時に押しながら-1 OCTを押す必要があります。 設定はMIP(ランニングテキスト - MIDIインスタントプログチェンジ)というラベルが付いています。 バグの修正: アップデート手順: 最新のオーディオブートローダーファイルをこちらからダウンロードします。 オーディオインターフェイスの出力をBassline CLK IN入力ジャックに接続します。 FM LVLポットを約12時の位置に設定します。 両方のエンコーダー(SELECT/BACK)を押します。 ユニットの画面に「DFU」と表示されている場合は、ブートローダーに正常に入力されています。 次に、オーディオファイルをロードしたメディアプレーヤーでオーディオファイルを再生します。 画面上のカウンターが実行されている場合は、アップデートは正常に実行されています。 アップデートが完了すると、プロセスユニットは通常の動作モードで自動的に起動します。 注意事項! アップデート中に問題が発生した場合は、別のメディアプレーヤーを試し、オーディオインターフェイスのオーディオ出力レベルも確認してください。 アップデート中またはアップデート後に引き続き問題が発生する場合は弊社サポートまでご連絡をお願い致します。  商品を見る

続きを読む

Erica Synths, PĒRKONS HD-01, サポート -

Pērkons 1.1 update このアップデートではボイスのクロマティックチューニングが追加され、新しいアルゴリズムが 1 つ追加されました。 Pērkons HD-01 アップデート 1.1 変更ログ • クロマチックMIDIノート入力 MIDI モードをマルチチャンネルに設定すると、ライブで演奏して録音するか、希望のステップ ボタンを押して MIDI ノートを送信することで、ノートをシーケンサーにプログラムできます。 ボイス 1 = MIDI CH1、ボイス 2 = MIDI CH2 など • MIDIノートベロシティ入力 設定メニューでこの設定がオンになっている場合、MIDI ノートはベロシティで記録されます。 ベロシティが高いほど音量も大きくなります。 • 新しいアルゴリズム - デジタルノイズ 新しいアルゴリズムがボイス 4、アルゴ 2、モード 1 スロットに追加されました。 デジタルノイズPCMに基づいています。 Tune は周波数を設定し、PARAM 1 は Timbre を設定し、Tune とも相関します。 PARAM2 は振幅エンベロープのアタックタイムを設定します。 • ODDS逆再生オプション 設定メニューでこの設定をONにすると、シーケンス開始後のODDSが逆再生されます。 たとえば、ステップの ODDS が 1/4 に設定されている場合、最初の小節ではなく 4 番目の小節のみが再生されます。 ODDS が 1/4 に設定されている場合、最初の小節ではなく 4 番目の小節のみが再生されます。 • KIT オプションによる FX パラメータの保存 FX セーブ設定を ON にすると、BBD 設定(TIME、FEEDBACK)が KIT 内に保存されます。 • トリガー/MIDIノート録音の改善 トリガーキー、トリガー入力、MIDI によるノート録音の精度。 PĒRKONS HD-01 のファームウェアをアップデートするには、ユニットの電源を切り、SD カードを取り外します。 SD カードをコンピュータに接続し、ファームウェア アップデート ファイルをカードのルート ディレクトリに配置します。 カードをコンピュータから取り出し、PĒRKONS に戻します。 向きに注意してください!!! - 金色のピンストリップは上を向く必要があります (シンセサイザーのパネルにこれを示す印刷されたアイコンが表示されます)。 PĒRKONS...

続きを読む