おしらせ RSS

Mono MK2, Norand, おしらせ, サポート -

Norand Mono MK2 日本語クイックスタート及び取扱説明書を公開しました。 取扱説明書のダウンロードはこちらから 商品を見る

続きを読む

Digitakt II, Elektron, おしらせ, サポート -

OS1.01ではいくつかの改善とバグの修正を行いました。 OS 1.00 から 1.01 への変更点のリスト 改善点 SETUP メニューに VELOCITY TO VOL 設定を追加しました。 GRID RECORDING MODE でシーケンサーが再生およびループするシーケンサー ページを選択できるようになりました。 パターンが同じバンク内にある場合に、パターン チェーンをすばやく実行できるようになりました。 特定の設定をグループ化する PERSONALIZE メニューを追加しました。 シーケンサー ページを追加するときに、配置されたシーケンサー トリガーの自動コピーを無効にする機能を追加しました。 PERSONALIZE メニューに [UP]/[DOWN] キーの機能を決定するオプション (U/D KEY MODE) を追加しました。 キットとトラックのパラメーターを同じビューにマージすることで、SETUP メニュー構造を改善しました。 AUDIO ROUTING メニューに INT TO MAIN パラメーターを追加しました。 AUDIO ROUTING メニューに TO MAIN パラメーターと TO SEND EFFECTS パラメーターを追加しました。 AUDIO ROUTING メニューの PRE/POST FADER パラメータのデフォルト設定が POST に変更されました。 準備されたミュート [TRIG] キーが赤 (ミュートするトラック) とオレンジ (ミュート解除するトラック) になりました。 MIDI トラックの VAL パラメータに名前を付けるときに、選択したパラメータの DATA ENTRY ノブで文字を変更できるようになりました。 現在の曲名が SONG メニューに表示されるようになりました。 現在のパターン名が PATTERN メニューに表示されるようになりました。 プロジェクトの読み込み時に波形ビューがより速く生成されるようになりました。 宛先リストがすでに開いている場合は、[UP]/[DOWN] を使用して LFO DESTINATION 値を変更できるようになりました。 レコーダーの SRC パラメータのステレオ オプションの名前を「L+R」から「L R」に変更しました。 コミュニケーションをより明確にするために、FILL および COND パラメータ画面のグラフィックをマイナー アップデートしました。 [PTN] キーを押したままコピー/貼り付け/クリア操作を実行した後、[PTN] キーを放すとポップアップが表示されなくなりました。...

続きを読む

Analog Heat+FX, Elektron, OS Upgrade, おしらせ, サポート -

Analog Heat +FX 用のこの新しい OS でランダム性が強化されました。 1.01 はいくつかの新機能をもたらします。そのうちのいくつかは、幸せな偶然の力をあなたの指先で実現します。 パラメーターのランダム化、ランダムな名前の生成、LFO スルー、瞬間的なアクティブを試して、Heat +FX エクスペリエンスを少しスムーズにする一連の改善をお楽しみください。 パラメータのランダム化 左側のフィールドを追跡しながら、ボタンをタッチするだけでパラメータ ページを簡単にランダム化します。 その後、結果を満喫するか、検索を続けるか、ダイヤルバックしてください。 ランダムな名前ジェネレーター 創造力と時間をすべてサウンドに注ぎ込みたいのに、無題のプリセットを見るのが我慢できませんか? 私たちはあなたをサポートします。 マシンに名前付けの役割を引き継がせて、予期せぬ結果に備えましょう。 LFOスルー あるランダムな位置から別のランダムな位置への LFO の移行をスムーズに行います。 回転数を増やすと切り替えに時間をかけて、事態の急激な変化を抑えることができます。 瞬間的にアクティブ Heat +FX をアクティブにするかどうかを切り替えることで、予測不可能性がさらに高まります。 好きなエフェクトを好きなだけ簡単にキャストできます。 追加パラメータ プリセット セットアップ メニューに追加された新しい出力ゲイン パラメータとオーディオ ルーティング メニューに追加された FX to USB パラメータにより、より詳細な出力とオーディオ コントロールが可能になります。 詳しい内容はリリースノートをご参照ください。 OS1.10のダウンロードはこちらから  商品を見る

続きを読む

Analog Heat+FX, Elektron, おしらせ, サポート -

Analog Heat +FX日本語マニュアルを公開しました。ダウンロードはこちらから                                                                                                           商品ページを見る                      

続きを読む

Erica Synths, SYNTRX II, おしらせ, サポート -

SYNTRX II 1.05 firmware update! 1.05はSYNTRX IIメンテナンス アップデートとなります。 1.05 アップデート変更履歴: - 長時間電源を入れた後の一部のユニットでの DSP クラッシュを修正 - SHIFTボタンを押すとLEDが点灯するようになりました - ジョイスティックのパフォーマンスの向上 - マイナーなバグ修正 ファームウェアのアップデートはMIDI SysEx経由で実行されます。 SYNTRX II の電源をオフにし、MIDI インターフェースに接続し、PC または Mac で SysEx ツール (PC の場合は MIDI-OX、Mac の場合は SysEx Librarian など) を開きます。 ここで、REC/CLEAR ボタンと GATE/SEQ ボタンの両方を押したままにして、SYNTRX II の電源をオンにします。 マトリックスにファームウェアのアップデート画面が表示されます。 SysEx ツールを介してファームウェア ファイルを送信すると、マトリックスにファームウェアのアップデートのステータスが表示されます。 通常、アップデートが完了するまでに数分かかります。 完了したら、SYNTRX II を再起動すると新しいファームウェアがインストールされます。 こちらから1.05ファームウェアをダウンロードしてください *アップデート中またはアップデート後に引き続き問題が発生する場合は弊社サポートまでご連絡をお願い致します。         商品を見る

続きを読む